スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
救急車呼んでくれ
- 2006/02/28(Tue) -
はははははははは





みてくれこの滝のようなダメを

ELさんにお邪魔してニヨ参加しました
一年ぶりくらいかもしれませぬ
というわけで@14㌫




そういえば明日卒業式です
そして熱でてかなりえらいです
_| ̄|○
スポンサーサイト
この記事のURL | RO | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なんか質問とか
- 2006/02/14(Tue) -
ROプレイヤーに50の質問

げへげへ
この記事のURL | RO | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ZGMF-X01A
- 2006/02/04(Sat) -
ZGMF-X10A FREEDOM

gundamf162.jpg


 審判の刻(ジャッジメント・デイ)は近づいていた。ナチュラルとコーディネーター両者の憎しみは人として踏み越えてはならないモノにまで手を出させてしまった。核の炎とγ線の渦。涙と悲鳴、怨念は新たな戦いの狼煙となるのか?
 神意(プロヴィデンス)の名を持つMSを操り、ラウ・ル・クルーゼは微笑する。己は宇宙でただ独りすべての人類を裁く権利があるのだと。彼の人類に対する弾圧を受けてなおキラ・ヤマトの戦いには哀しみしかなかった。軌道上会戦で守りきれなかった少女。親友のトール・ケーニヒ。目の前で散華したフレイ・アレスター。そしてラウに対しても・・・
 彼はいつも哀しみを胸に戦ってきた。できそこないのクローン人間。それを生み出したユーレン・ヒビキは息子であるキラ自身を生み出す為にその行為に手を染めたのだ。
 舞い降りるドラグーンの光条。破壊され続けるフリーダム。ラウは唯一の同胞をともいえるキラを誘う。

キラは拒絶する。自分はそれだけではない、

守りたい世界が、あるのだと

gundamf174.jpg

この記事のURL | RO | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぱーてぃんぐらいん
- 2006/02/01(Wed) -



かるく組み立ててるけどこんな感じ
MGは合わせ目がほとんどないのがいいですね
そのかわりパーティングラインが多かったりします
ダクトカバーの部分のパーティングラインが気になったので削り取る
ついでに丸い感じだったのでエッジ加工

角はあいかわず丸いのでとがらせます
気づいたら短くなってた( ゚д゚)
この記事のURL | リアル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
想いだけでも、力だけでも
- 2006/02/01(Wed) -
こんにちは




こりずにまたこんな物買ってしまいました

MGフリーダムですね

友達は一緒にケンプファー買ったというなんとも奇妙な組み合わせ

ちょっとまじめに作ろうかなと思います
この記事のURL | RO | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。